借金問題 TOP|借金問題の法律相談は愛知総合法律事務所の弁護士にご相談下さい!|刈谷事務所

ご相談窓口

0566-91-1271

受付時間 平日9:30から17:30まで

アクセスマップ

ご相談窓口

0566-91-1271

受付時間 平日9:30から17:30まで

アクセスマップ

アクセスマップアクセスマップ
電話をかける電話をかける
借金問題 Personal
借金問題

弁護士と司法書士、税理士、社労士、行政書士が在籍し、
多角的な視点からのワンストップ解決!

愛知県を中心に、岐阜県、三重県、静岡県、東京都に展開しており、地方に根付いた法的解決を致します。また、無料相談にも対応しておりますので、一度お気軽にご相談くださいませ。

借金問題について

こんなお悩み事ございませんか?

  • 借金を減らしたい
  • これ以上、債務が膨らんでいくのを食い止めたい
  • 金融業者からの取り立てを止めたい
  • 民事再生か破産か、どんな手続がよいか迷っている
  • 借金問題の解決に今すぐにでも手をつけたい
  • 経験豊富な事務所に安心して頼みたい

相談するメリット

愛知総合法律事務所は、愛知県でも最大規模の事務所で、年間◯◯件以上の借金問題の相談を受けております。
皆様のニーズに合わせて、様々なサービスを設けています。

  • メリット1

    初回相談無料電話での相談もOK

    面談または電話での相談を承っております。面談相談はおよそ30分程度、電話相談は20分程度で、初回相談はいずれも無料です。
    お客様お持ちの資料を見ながら弁護士がお話をする面談相談をお勧めしております。
    詳しくはこちらをご覧下さい。詳しくはこちらをご覧下さい

  • メリット2

    経験豊富な弁護士陣

    お客様のお悩みに、倒産案件の経験豊富な弁護士が応じます。
    ひとりで悩まないで、弁護士といっしょにこれからの方針を考えていきませんか

  • メリット3

    平日18時以降でも面談相談OK

    お仕事帰りや学校帰りに相談したい。家のことを済ませてから相談に行きたい。
    そんなお客様のために、ご要望により平日18時以降でもご相談に応じます。
    ご希望の方は、当事務所までお電話をいただき、ご予約下さい。

  • メリット4

    破産専門のスタッフ在籍

    当事務所は、破産案件専門の事務局スタッフが在籍しており、日々、多様な案件を担当しています。
    是非一度、当事務所までお問合せ下さい。

  • メリット5

    法人の倒産案件等もお受けします

    中小企業様はもとより、規模の大きな法人様の倒産手続は、経験やノウハウが必要となります。
    当事務所ではこれまで、大型の破産案件(管財案件)もいくつか担当してまいりました。
    経験豊かな当事務所に是非ご相談下さい。

  • メリット6

    リーズナブルな料金体系

    借金問題で困っているときに、さらに高額の弁護士費用(着手金や報酬金等)を支払わなければならないのは辛いもの。
    当事務所は、リーズナブルな料金体系(*)でご依頼に応じています。
    弁護士費用について詳しくはこちらをご覧下さい

TOPICS

21.09.08

破産ブログ:個人の方が破産する場合のデメリットを更新しております。

個人の方が破産する場合のデメリットについて、津島事務所の長沼弁護士が投稿をしておりますので是非ご覧ください。

借金のご相談は弁護士法人愛知総合法律事務所にご相談ください。

【ブログ】個人の方が破産する場合のデメリットについてのブログはこちらへ

21.06.30

破産コラム:「破産しても残ってしまう債務って?」のコラムを更新しています。

小出麻緒弁護士が、「破産」を行った際に免責されない「非免責債権」についてコラムを投稿しました。

是非ご一読ください。

【コラム】破産しても残ってしまう債務って?はこちらへ

21.05.31

破産ブログ:民法改正後の消滅時効期間についてを更新しております。

民法改正後の消滅時効期間について、東京自由が丘事務所の田村弁護士が投稿をしております。

2020年4月の民法改正による消滅時効期間の延長・短縮にかかる内容になっております。

借金のご相談は弁護士法人愛知総合法律事務所にご相談ください。

【ブログ】民法改正後の消滅時効期間に関するブログはこちらへ

21.04.01

破産コラム:「浪費やギャンブルを原因とする借金では自己破産できない?」のコラムを更新しています。

黒岩将史弁護士が、「ギャンブルや浪費」を原因とする借金の「自己破産」についてコラムを投稿しました。

破産に関するご相談をいただく際、「借金が増加した原因がパチンコやキャバクラ、FXや暗号資産(仮想通貨)でも借金がなくなるのか」を心配されている方が多いようです。

破産の手続きには「破産手続」と「免責手続」に分かれており、上記の内容については「免責手続」が大きくかかわってきます。

本コラムは「破産手続」と「免責手続」の違いが分かるコラムとなっておりますので是非ご一読ください。

【コラム】浪費やギャンブルを原因とする借金では自己破産できない?はこちらへ